しがない学生の雑記

吐けども吐けども毒を吐く。

ネタバレなしでシン・ゴジラのとても雑な感想

絶賛されてたし,友人に聞いたら評判良かったし,こりゃ見ないとなぁと思って行ってきました.

 

www.youtube.com

 

ゴジラ自体も全然見たこと無いし,庵野監督作品が特別好きというわけでもないですが,この映画見ている間は本当に幸せだった.

 

あくまで個人的なイメージですけど,怪獣映画って結局は怪獣にどうやって立ち向かうかがメインになると思ってたんですよ.パシフィック・リムだったら「イェーガーで殴る」みたいな,要するに,立ち向かう手段そのものが一番おもしろい部分だと思ってたんです.

 

それで,この映画のキャッチコピーって「ニッポン対ゴジラ」なんですよ.となると,この映画で面白いところは「日本がゴジラに対してどう立ち向かうか」になるはずだろうと思ってたんです.もちろんこの部分も大変おもしろかったんですけど(◯◯が並んで◯って来るシーン本当に最高だった(分かるだろ(分かれ)),個人的にはこの立ち向かう手段そのものよりも,立ち向かう手段が決まっていく,その裏で官僚とか閣僚とか自衛隊が働いている部分の方が面白かったなぁと.

 

この映画でゴジラと戦っているのは,かっこいいトンデモ兵器でも,命を張っている自衛隊でもなくて,本当に今の「ニッポン」なんだと思いました.だからこそ,面白い.単純にかっこいい兵器か何かを出して,それでぶん殴ってはい終わり,って,僕はそれも大好きなんですけど,この映画はそれよりももっと乙なものを感じました.

 

あと,予告編にもなんか,戦車出てるじゃないですか.あのシーン,本当に良いので見ましょう.予告編ではBGMで音がぜんぜん出てませんけど,履帯のカタカタ言う音が本当に良くて飯が食えると思います.別に戦車全然詳しくないですけど,それでもこう,来るものがあります.もちろん,戦車だけじゃなくて,いろいろ出るんですけど,良いなぁと.良いですよホント.私は昔アルペジオの劇場版後編を見て,兵器がゴリゴリ出てきてボンボンぶっ放し合う絵面の格好良さに感動しすぎて泣いた経験があるんですけど,それに近い部分がありました.見ているだけでワクワクする映像ってこういうことを言うんだと思います.

 

というわけで,見ましょう.見ましょう.私はおすすめです.

広告を非表示にする