しがない学生の雑記

吐けども吐けども毒を吐く。

艦これ同人界隈における台詞重視しすぎ問題について

こんばんは。

 

だいぶ今更感ありますがC87お疲れ様でした。私はといえば委託の同人誌や同人CDを買いあさり、おもしろい本を見つけて大喜びしたり、逆に残念な本を見つけてげんなりしたりと、正月から忙しく一喜一憂しておりました。

 

今日はそんな中で、げんなりしたことについて書きます。タイトルの通り、艦これ同人界隈におけるゲーム本編の台詞の扱いについての個人的見解です。

 

最初に言っておくと、これから書くことは「私が面白いと思うもの」であるので、人によっては嫌悪感を抱くと思われますし、それは当たり前のことだと思います。私と同意見であるにせよないにせよ、いずれにしても同人作家の皆様に於かれましては、自分が面白いと思ったものだけをぶち込みまくって薄い本を書いていただければと思います。

 

 

それでは本題に。

 

もう初っ端はっきり書いちゃうと、艦娘の台詞ねじ込むのいい加減にやめませんかねぇって話です。

 

艦これの日常系の薄い本を読んでいたんですが、やたらとゲームの台詞を使いまくっていてすっごい萎えたんです。はっきり言って、何のためにそこにその台詞を使うのかが理解できないんですよね。

 

そもそもゲーム本編の台詞を使いまわす理由ってどんなもんなんだろう、と思い、こったんない頭を使って考えたのが以下の4つ。

 

  1. そもそもその台詞が元で話を膨らませた
  2. 単純に作家さんが適していると判断したから
  3. 台詞をまんま使わないとキャラの個性を出せない
  4. それぐらいしか艦これに関する知識がないから

 

読めばわかる通り、下に行けば下に行くほど残念になっていきます。ちなみに今回読んだのはいろいろ雑だったので多分4番だったんじゃないかなぁ。

 

3番に関しては、ゲームやってる人なら大体はわかる通り、言葉遣いで十分表現できると思いますから、それでも使うっていうのはちょっとどうかと思います。

 

1,2に関して分かりやすく言うと、バンドでいうところの音楽性の違いってやつでしょう。たまたま性に合わないだけかと思います。

 

 

ここで突然東方を出すのはいかがかと思う気もするのですが、東方の同人界隈でゲーム本編のやりとりをそのまま丁寧に同人誌に流し込んでるのって、私あんまり見たことないんですよね。

 

別にこれは東方の同人界隈が優れているってことが言いたいんじゃなくて、その分艦これの方が台詞に関する重み付けが強いんじゃないかってことです。自分もプレイ中にたくさん聞いてますから、脳に刷り込まれていく感じはしますもの。

 

でもだからって台詞に縛られて二次創作するのってどうなんでしょうか。

 

そういう意味では、わたしは同人作家の皆様には自由に書いてほしいんですよ。キャラが言いそうだったらそれでいいんで、思う存分色んな事していただきたいんですよ。同人ってそういうもんじゃないんですかねぇ。

 

ただ、別に台詞をまんま使うなって事が言いたいわけじゃないんです。そこに関しても当然自由に書いていただくのがいいわけですから。ですが、あくまでもそこしか見えてない状態でなにか作るのってどうなのよって言いたいのです。

 

 

 

なんかもう着地点がなくなりつつあるのでこの辺りでやめます……。読み返してすっごい自分のエゴ丸出しの記事になっていることに気づいたんですが、これはこれで反省ということでこのまま公開します。

 

 

 

止まり木は好きです。マジで。2巻はよ。

 

 

 

アニメはなんか大変なことになっているらしいですがまだ見てません。少なくともこの記事中頃に書いた、4番のような人たちが作ったものではないことを期待しております。

広告を非表示にする