しがない学生の雑記

吐けども吐けども毒を吐く。

お勉強十日目 「逆ポーランド記法」

こんばんは。

 

今日も基本情報処理技術者のお勉強をちまちましております。今日印象的だったのは逆ポーランド記法。授業でもやった記憶がありましたねこれ。

 

1+2 → 12+

(1+2)*(3+4) → 12+34+*

 

確かこんなふうにして、スタックに順番に積むと調度良かったのかな。一応Wikipedia見ましたけど大体こんな感じであたっててよかった。

授業の時に一番印象的だったのは、名前の由来がかわいそうだったことですね。

ポーランド人のヤン・ウカシェヴィチ (Jan Łukasiewicz)という論理学者が考案したのがポーランド記法なんですが、普通なら記法名に考案者の名前が入るところなのに、名前が難しかったからポーランド記法となった、っていう話です。

軽くググッた結果、ポーランド人だということは分かったのですが、本人の名前が付かなかった理由が正しいかはわかりませんでした。むむむ、どうなんだろう。ご存じの方いらっしゃったらコメントください。

 

そういえば私もTwitterでフォローしている方がUnityのゲームを毎日作ったという内容を公開していましたね。私もやってみようかな。卒研?なにそれおいしいの。

 

それでは ノシ

広告を非表示にする